今回は 2/14 の大雪の日に飛火野で撮影した写真です。
雪中の鹿寄せを見た後に撮りました。

ナンキンハゼ
写真1
[写真1]

いつものナンキンハゼの木です。
そうとは思えない姿ですね(笑)

写真2
[写真2]

飛火野の中で一番高い場所から南東方面(だったと思う)を撮影。
左上の2本の木は桜だったと思います。

もうなんというか、ここは少し勾配があるので初心者用のちょっとしたゲレンデ状態です(笑)

写真3
[写真3]

御手洗川のあたりから撮影。
鹿寄せが終わって森へ戻っていく鹿。

写真4
[写真4]

なんだか分からないけれど、雪に顔を突っ込んで掘り返している鹿。

喧嘩中
写真5
[写真5]

雪の上だけど熱い!

写真6
[写真6]

何故か森へ駆け戻っていく鹿たち。

写真7
[写真7]

こちらは以前のエントリーで取り上げた木です。

飛火野の気になる木(クスノキ)
http://naraphoto.blog.jp/archives/2301675.html

そしてこの木の辺りから来た方向を振り返ると次の写真のような光景が。

写真8
[写真8]

まさに銀世界。

そして先ほどの木の横を通り抜けて、飛火野の更に奥へと進みます。

写真9
[写真9]

なんか未踏の地という雰囲気。
しかし足元を見ると・・・

鹿の足跡
写真10
[写真10]

たぶん深さは 10cm を超えていたと思います。

写真11
[写真11]

真ん中近くの木はナンキンハゼだったと思いますが、藤が巻き付いていて、GWごろにとても綺麗になる木です。
昨年のエントリーでいうと、例えば次のページで紹介しています。

藤&鹿2013 vol.2 飛火野
http://naraphoto.blog.jp/archives/2302984.html

今回はここでは鹿を見かけなかったのがちょっと残念でした。

※他の雪の日の記事は「」のタグからどうぞ。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪