2/8 に奈良市内でも雪が積もりましたが、その日に若草山に登って写真を撮ってきましたので、今回は風景写真を中心に載せたいと思います。

春日山遊歩道(北)の入り口
写真1
[写真1]

この日の奈良市内は未明には 5cm 程の積雪があったそうですが、明け方近くになって雨に変わり、夜明けごろにはその雨によってかなりの雪が融けてしまっていました。

若草山の麓である春日山遊歩道(北側)の入口も、朝の段階でこのように道の上には融けてシャーベット状になった雪が残っている程度でした。

写真2
[写真2]

月日亭の入り口の少し手前あたり。
道のわきにはまだ雪が残っていますが、道にはほとんどありません。

中水谷休憩舎近くのカーブ
写真3
[写真3]

遊歩道の半分以上を登ってきた辺りでは雪が結構残っています。
数センチの積雪といった感じでしょうか。

写真4
[写真4]

そして山頂が近づくにつれ、霞がかかってきました。

出逢いの三叉路
写真5
[写真5]

謎のネーミングの三叉路ですが(笑)、左に行くと若草山山頂、右に行くと奈良奥山ドライブウェイに入ります。

左へは車が通ってできた轍と、2人ぐらいが歩いたと思われる足跡が残っていましたが、右側は足跡の類は全く無く新雪のみです。

さて、どっちを歩きます?

私は当然、右です(笑)

実は2011年に雪が積もった際も同じことをやっていました。

雪の春日山遊歩道と奈良奥山ドライブウェイ
 http://naraphoto.blog.jp/archives/2301986.html

三叉路から奈良奥山ドライブウェイへと続く道
写真6
[写真6]

奥に見える屋根は十八丁休憩舎のもの。

2011年にはここを通り過ぎて鶯の滝まで行ったのですが、今回はこの休憩舎の手前で折り返して若草山の山頂へと向かいました。

雪の鶯の滝
 http://naraphoto.blog.jp/archives/2301984.html

山頂駐車場
写真7
[写真7]

ドライブウェイが通行止めになっているからでしょう、車は1台も停まっていません。

雪の若草山山頂から
写真8
[写真8]

手前が二重目、その奥に奈良市街地が見えるはずなのですが、市街地の方は霧で見えません。
そしてこの時の空気が生温かかったのが印象的でした。

この写真の下の方に山頂の柵が写っていますが、この柵の付近まで降りると結構な傾斜なので、滑落の危険があります。
万が一そんなことになったら大変なので、その辺はかなり気を使いました。

写真9
[写真9]

まるで雪国みたい。

二重目に鹿がいるのが見えた
写真10
[写真10]

何かから逃げていたのでしょうか、走っていました。

霧が晴れた
写真11
[写真11]

霧が風に流されて、さっきまでとは打って変わって視界が回復しました。
見事な景色です。
この美しい景色の中にモノレールを設置するなんていう無粋なことはやめてもらいたいですね。

山頂から
写真12
[写真12]

手前に若草山二重目、真ん中に東大寺大仏殿の先っぽ(鴟尾)が見えていて、一番奥に奈良女子大学が見えます。

奈良市街地
写真13
[写真13]

真ん中あたりに平城宮跡が写っています。

旧奈良ドリームランド
写真14
[写真14]

ちなみにあの山は年中白いです(笑)

写真15
[写真15]

手前に若草山二重目、奥に興福寺、五重塔に左下あたりには国立博物館が見えます。

鶯塚古墳
写真16
[写真16]

今回はこの奥まで進んでみました。

写真17
[写真17]

ここ、結構積もってました。

深いところだと私のふくらはぎが半分ぐらい埋まるぐらい。

奥は京都方面
写真18
[写真18]

鶯塚古墳から奈良市街地
写真19
[写真19]

今回はこれにて終了。
次回に続く。

【関連】
雪の若草山山頂2013 vol.2
 http://naraphoto.blog.jp/archives/2302903.html
雪の若草山山頂2013 vol.1 鹿スナップ
 http://naraphoto.blog.jp/archives/2302861.html
雪の若草山山頂(鹿中心編) 鹿スナップ
 http://naraphoto.blog.jp/archives/2301990.html
雪の若草山山頂(風景中心編)
 http://naraphoto.blog.jp/archives/2301992.html

※他の雪の日の記事は「」のタグからどうぞ。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪