今年の4月から7月にかけて若草山から撮影した、鹿と東大寺大仏殿の写った写真を集めてみました。

■4月下旬
鹿1
[鹿1]

二重目から子鹿ちゃん(昨年生まれ)と。

まだこの子鹿ちゃんは冬毛でふっくらしており、周りの草もあまり伸びていない状態です。

鹿2
[鹿2]

夕方なので少し黄金色を帯びた感じの風景。

鹿3
[鹿3]

麓エリアの鹿ちゃんと大仏殿。

左下に見えているのは、ソメイヨシノなどよりもずっと遅咲きのナラノヤエザクラ(奈良八重桜)だと思います。

鹿4
[鹿4]

この鹿ちゃん、私を見つけるや否やこちらに向かって歩いてきました。
私はカメラを構えていただけだったんですが、たぶん鹿せんべいを持っていると思ったんでしょう。
この辺の鹿たちは割と用心深いのが多いので、ちょっとびっくりしました。

■6月下旬
鹿5
[鹿5]

二重目から。麓エリアからの写真もそうですが、これも割と定番のアングルからです。

オス鹿の角が立派になり、周りの草も青々と生い茂っています。

鹿6
[鹿6]

鹿7
[鹿7]

この辺で撮っていて面白いのが、6枚目を撮ったときは1頭だけだと思っていたのが、こうしてひょっこりと茂みの向こうから顔を出したりする事があるということ。

それが裏目に出て(顔を出した鹿が驚いて、周りを巻き込んで)一気に逃げて行ってしまうこともありますが・・・(笑)

■7月下旬
鹿8
[鹿8]

一重目から。

鹿9
[鹿9]

麓エリアから。

右上に写っている白と茶色の山は旧・奈良ドリームランドのもの。

鹿10
[鹿10]

鹿11
[鹿11]

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪