これまで3回ほど鹿とカラスの関係を扱った(というほど大げさなものではないが)記事を作成してきました。

鹿の衣替え vol.2 鹿とカラスの不思議な関係 
http://naraphoto.blog.jp/archives/2302131.html
鹿とカラスの不思議な関係・夏
http://naraphoto.blog.jp/archives/2302201.html
鹿とカラスの不思議な関係 vol.3
http://naraphoto.blog.jp/archives/2302614.html

1本目は「鹿の衣替え」シリーズの1記事として作成し、2本目は単発記事、そして3本目からは「鹿とカラスの不思議な関係」を新たなシリーズとして作成しています。

今年も鹿たちが冬毛から夏毛へと衣替えするタイミングで、昨年までと同じような光景を度々見かけたので、記事にしてみようと思います。

といっても、今年はとある事情からあまり写真は撮ってないんですが。

冬毛を突いて取ろうとするカラス
写真1
[写真1]

先日テレビを見ていたら、カラスが他の動物の毛の生え変わりのタイミングで毛を抜いていき、自分の巣に運んでいくという話をやっていたので、やはりこれはそういうことなんでしょうね。

木の枝などの丈夫なもので外側を作って、内側にこういう柔らかいものを敷き詰めるそうです。そしてその巣で子育てを行う。

写真2
[写真2]

夏毛の鹿の背中にカラス
写真3
[写真3]

夏毛の鹿の上に乗っかって、鹿の体をツンツンしているカラスの行動がイマイチよくわからなくて、観察していると、背中だけではなく足や首や尻尾、果ては耳の中まで突っついていたりします。

夏の鹿の体にはノミやダニなど色んな虫などがくっ付いているそうなので、そういうものを獲ろうとしているのかも知れないですねー。

写真4
[写真4]

まるで記念写真(笑)

写真5
[写真5]

これは若草山の麓エリアで撮ったもので、背景に大量のカラスが写っていますが、実際には軽くこの5倍以上はいます(笑)

ほんと、恐ろしいぐらいの数のカラスたち。

若草山一重目のカラスたち
写真6
[写真6]

麓エリアから二重目あたりまでには、ほんとに沢山のカラスがいます。

綺麗に一列に並ぶカラス
写真7
[写真7]

あくまで私の印象上の話ですが、この辺のカラスは鹿よりも用心深いようで、人間が近づくと鹿よりも先に逃げてしまい、今のところは襲われたりしたことも無いです。

(2016/11/20追記) 鹿の衣替えの1年間のサイクルについては「鹿の衣替え vol.7 1年のサイクル」にまとめたのでご参考に。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪