3月11日、初めてパンスターズ彗星の撮影に成功した時の記事を「奈良公園で星見 vol.11 パンスターズ彗星」にアップしましたが、その後も気象条件のいい日には奈良公園から撮影を重ねまして、写真もそこそこ溜まったので、第2弾の記事を作ってみました。

【3月12日】

生駒山と夕日、東大寺南大門のシルエット
写真1
[写真1]

この日はこんな感じで、夕日が生駒山に沈むまではとても良い天気だったのですが・・・

写真2
[写真2]

写真3
[写真3]

生駒山の鉄塔辺りに光るものが見えてきましたが、これは西からやってきた雲。
というわけで、これから彗星が見えてくるはずの時間帯になって、条件が悪くなってしまいました。

パンスターズ彗星と生駒山、東大寺南大門、奈良県庁
写真4
[写真4]

コンディションが悪いながらも、かろうじて彗星を写すことができました。
左下の建物が奈良県庁。
南大門はほぼ真横から見る形になっています。

【3月14日】

日没後の風景
写真5
[写真5]

11日とほぼ同じ場所からの撮影ですが、彗星の見かけ上の位置が北(写真右)へ移動しているため、少しアングルは違います。
下に見えている大きな屋根は、東大寺南大門。

パンスターズ彗星と東大寺南大門のシルエット、奈良盆地の夜景
写真6
[写真6]

トーンカーブを弄ったり色々やっているので、彗星が割とくっきり見えているかと思います。
でも南大門はちょっとわかりにくいか。

写真7
[写真7]

こちらは彗星の写っているところを等倍で切り出して、数枚を加算平均コンポジットしてみたもの。
もう少し尾がはっきり見えるようになるかと思ったんですけど、そうでもなかった。

【3月15日】

生駒山に沈む夕日と東大寺大仏殿
写真8
[写真8]

二月堂からの撮影。

前日でお松明が終了しているので、この日の夕方はとても静かでした。
また春分の日が近いので、大仏殿の真西に近い位置に夕日が見えます。

写真9
[写真9]

右上にパンスターズ彗星が写っています。小さいけど。
左下が東大寺大仏殿のシルエット。

写真10
[写真10]

パンスターズ彗星と大仏殿のシルエット
写真11
[写真11]

上の2枚とは少し撮影場所を変えました。
前日まではお水取りが行われていたので、二月堂近辺では撮影不可能だったのですが、この日は終了していましたので、この1枚を撮ることができました。

こちらはトーンカーブをいじっていますが、トリミングや合成はしていません。

パンスターズ彗星は太陽や地球から遠ざかってきたので、だいぶん暗くなってきました。
なので、これが最後の記事になるかもしれません。
いずれの日も肉眼で彗星の姿を確認できなかったのは残念でした。
これに関しては今年末にやってくるアイソン彗星に期待ですねー。

※他の天体写真は「天体写真」タグからどうぞ。
※他の夜景・ライトアップ写真は「夜景」タグからどうぞ。
※他の夕景・夕焼け写真は「夕景・夕焼け」のタグからどうぞ。
※他のシルエット写真は「シルエット」のタグからどうぞ。鹿以外にも色々出てきます。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪