ある朝の東大寺鏡池横。
鹿1
[鹿1]


鹿がゾロゾロと行列をなして行進中。
鹿2
[鹿2]


そして駆け足になった。
鹿3
[鹿3]


子鹿ちゃんも走ってる。
不安に駆られて走っている感じ。
鹿4
[鹿4]


辿り着いた東塔跡。
鹿5
[鹿5]


ゾロゾロと登っていく鹿達。
鹿6
[鹿6]


鹿7
[鹿7]


写っていないところにも沢山いたので少なくとも70~80頭はいたかも。
水たまりを駆ける鹿達。
鹿8
[鹿8]


呆気にとられている私を避けるようにして東塔跡の更に奥へと走っていきました。
なんだか良く分かんない鹿達の行動だったのですが、これと時を同じくして、奥の森の方にいる鹿が
仲間達に向かって甲高い警告の鳴き声を発していました。
で、それに釣られるようにして大仏殿の南側にいた鹿達が、手向山八幡宮方面へ大移動。
何を警戒していたのかは分からないんですが、
思い当たるのはこの日の未明に激しい雷雨があったこと。
寝ていた私が目を覚ますほどの落雷の音が数度あったので、
ひょっとしたら鹿達も不安で眠れない夜を過ごし、
この朝もナーバスになってたんじゃないかな~と推測しました。
たまに見かける鹿達の大移動ですが、この辺りで見かけたのは初めてだったので少し驚きました。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪