今回は先日の続きです。興福寺別院鶯滝歓喜天と鶯の滝に行って来ました(5/5撮影)。

まずは、鶯の滝の駐車場の横から階段を登り歓喜天へと向かうわけですが・・・

階段下の案内板
写真1
[写真1]

一昨年のエントリー(興福寺別院鶯滝歓喜天)の写真を撮影した時点では下の張り紙は無かったのですが、昨年建物が壊れてしまったらしいですね。

階段を登っていくと、緑の中から鐘楼が姿を現した
写真2
[写真2]

鐘楼と狛犬と新緑
写真3
[写真3]

入り口の所にあるこの建物は以前と変わらない姿。

ここにあった梵鐘は、今は興福寺国宝館にあるらしいのですが詳細は分かりません。なんでも奈良時代の作成で国宝に指定されているとか。図書館で興福寺の本を漁ってみたんですが、良く分かりませんでした。

鐘楼横の石碑
写真4
[写真4]

反対側
写真5
[写真5]

というわけで、この鐘楼は大正時代の建物らしい。

奥はこんな感じ
写真6
[写真6]

写真7
[写真7]

先ほども紹介した一昨年のエントリー(興福寺別院鶯滝歓喜天)ではちゃんと建物がありましたが、既に撤去済みのようですね。

そして今登ってきた階段を降りてドライブウェイに戻り、そこから更に階段を降りると鶯の滝に行けます。

新緑と鶯の滝・・・
写真8
[写真8]

といいたいところなのですが、あまり緑が映えない(笑) ここは紅葉も良い感じで撮れないし、いつ来ても変わり映えがしないという印象です。

真下近くまで降りて撮影
写真9
[写真9]

【関連】

スミレ 鶯の滝
http://naraphoto.blog.jp/archives/2301568.html
雪の鶯の滝
http://naraphoto.blog.jp/archives/2301984.html

鶯の滝はいつ来ても変わり映えしないとは書きましたが、さすがに雪の日はちょっと違う雰囲気ではあります。

※新緑の記事は「新緑」のタグからどうぞ。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪