発情期に入った雄鹿が泥を纏うというのは以前の記事に書きましたが、最近では雌鹿も変化してきています。

つい先日撮った写真がこれ。

鹿1

手前の鹿、黒っぽい毛と明るい色の毛が混ざってますね。後ろに写っている鹿と比べると分かり易い。

これ、別に病気なわけじゃなくて、冬用の毛に衣替え中なのです。

ちなみに夏の間は次のような奇麗な背中でした。

鹿2

この写真は8月中旬に撮影。

そして真冬は次のような感じに。

鹿3

こちらは今年の「とんど」の時に撮影(飛火野)。

ちなみにこの1頭は、干し柿の付いていた串を奪い合っています(笑)

※鹿の衣替えの1年間のサイクルについては「鹿の衣替え vol.7 1年のサイクル」にまとめたのでご参考に。

※鹿の衣替え関連の記事は「鹿の衣替え」のタグからどうぞ。
※他の記事は「春日大社大とんど」のタグからどうぞ。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪