若草山焼きと花火
写真1
[写真1]
(画像をクリックで拡大)

2018年1月27日、飛火野にて撮影。

山焼き1枚、花火3枚と背景に星の画像をと思って5秒×5枚(合計50秒)を比較明合成しました。

星がね~・・・予定では10~15分ほど撮影するはずだったのですが、花火の開始時刻を勘違いしてしまって(18時半開始と思っていたところ18時15分開始だった)光跡を伸ばせませんでした。その点で大失敗です。

若草山焼き2015 ~ 山焼きと星々」や「若草山焼き2017 ~ 山焼きと花火と星々」のようにしたかったんですが。

当初、今年は撮影するつもりではなく、来年以降の下見にという事で飛火野を訪れたところ、思いのほか場所取りが楽に出来そうで、かつ天気も予報に反して良くなったもので、ロクな下調べやテストもせずに撮影に挑んでしまい、このような結果になってしまいました。来年以降の教訓にします(笑)

更にこちらはオリジナル画像からはトリミングしております。

ノートリミング版は次のもので・・・

写真2
[写真2]
(画像をクリックで拡大)

左に「春日の大とんど」の灯りを入れようとフレーミングしたところ、とんどの背後で強烈なライトが点灯してしまいまして(夜間の作業用のものと思われます)、この通り訳わからないなってしまいました・・・(笑)

これはさすがに絵的に鬱陶しかろうということでトリミングしました。

花火差し替え(その1)
写真3
[写真3]
(画像をクリックで拡大)

尺玉を変更してみました。

花火差し替え(その2)
写真4
[写真4]
(画像をクリックで拡大)

こちらも尺玉のところを変更。

とんど会場
写真5
[写真5]

暗闇の中で燃えている絵もなかなか良かったのですが、如何せんライトがね・・・。

以下は単発写真です。

鹿花火とギャラリー
写真6
[写真6]

トリミングしています。鹿花火はもっとシャッタースピードを上げて撮らないとダメですね。

こちらはとんどの向こう側にあったライトのお蔭でギャラリーの様子がシルエットで浮かび上がってくれました。

写真7
[写真7]

こちらもトリミングのみの単発写真。

燃え行く若草山一重目
写真8
[写真8]

望遠レンズで撮ってみました。

これはもうだいぶ火の勢いが落ちてきた頃で、この少し前はものすごい勢いで燃え盛っていました。

山焼きは以上。明日は恒例のビフォア・アフターをやります。

※他の若草山焼きの記事は「若草山焼き」のタグからどうぞ。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪