雪景色の地獄谷新池
写真1
[写真1]

前回(雪の奈良公園界隈スナップ2017 vol.2 滝坂の道)の続きです。

水面にはたぶん薄い氷が張っているんでしょうね、その上にもシャーベット状の雪が乗っかっている感じです。

写真2
[写真2]

畔の木の枝にもこの通り。

畔のベンチ
写真3
[写真3]

端っこの雪を雪を除いてみました。積雪は3cm前後ってところでしょうか。

写真4
[写真4]

池の東側から
写真5
[写真5]

こちらも同じような状況ですね。

写真6
[写真6]

この橋は池を周回する道でしたかね。ちょっとうろ覚え。画角外の右側に地獄谷石窟仏へと向かう道があります。

この足跡はたぶん私のものだと思いますが、他にも1人か2人分の足跡はあったような。

春日山遊歩道
写真7
[写真7]

池から遊歩道へと進みます。

写真8
[写真8]

今回のルートで一番標高の高い鎌研交番所を過ぎたあたり。

サザンカ
写真9
[写真9]

紅葉スナップ2011 vol.15 春日山原始林の紅葉(1)」の一番最後に花が咲いているときの様子を載せています。

大原橋横の休憩舎
写真10
[写真10]

ここは元々東屋があったのですが、聞いた話だと確か一昨年ぐらいに近くの木が倒れてきて東屋を直撃し壊れてしまったという事で、今はこのベンチのみ置かれているそうです。

大原橋
写真11
[写真11]

ここは補修工事をしているようで。これを抜けると鶯の滝や興福寺別院歓喜天です。

さて、実はここから鶯の滝や若草山までのルートは、2011年2月に10cm超の積雪があった時に訪れておりました。

雪の春日山遊歩道と奈良奥山ドライブウェイ
http://naraphoto.blog.jp/archives/2301986.html
雪の鶯の滝
http://naraphoto.blog.jp/archives/2301984.html

やっぱりこの時に比べると雪の量がちょっと物足りないかな~という感じはしますね。

というか、上記記事を見ると書いてありますが、6年前の私は雪道のこのルートを走って移動してたんですよ。今そこまで体が動くかどうかはさすがに自信がない・・・(笑)

鶯の滝への分岐点
写真12
[写真12]

先ほどは車または徒歩で鶯の滝へと向かう道でしたが、こちらは徒歩専用の道(右側)。

この辺まで来た頃から霧が出始めました。この辺りは鎌研交番所からだいぶ降ったところにあり(滝へは更に降る)、そのせいもあって霧が立ち込めているだけなのかなと思っていたのですが・・・

春日山最大の山桜
写真13
[写真13]

少し登ってきたこの辺りでもまだそこそこの霧が。

新緑の春日山遊歩道・奈良奥山ドライブウェイ2013
http://naraphoto.blog.jp/archives/2303032.html
紅葉スナップ2013 vol.3 春日山遊歩道、奈良奥山ドライブウェイ
http://naraphoto.blog.jp/archives/2303181.html

花山・地蔵の背
写真14
[写真14]

写真15
[写真15]

このお地蔵さんのすぐ横での積雪はこんな感じ。やっぱり3cm前後ですかね。

写真16
[写真16]

霧は濃くなったり薄くなったりするものの消える雰囲気はありません。若草山に近づくにつれてやや積雪が増えている気もする。

十八丁休憩舎
写真17
[写真17]

屋根の積雪は他とほぼ同じぐらいかな。

写真18
[写真18]

右がドライブウェイ、左が北側の春日山遊歩道へと続く道。

木が覆いかぶさっているからか、この辺の積雪はあまりありません。

若草山山頂駐車場
写真19
[写真19]

積雪は少ないけれど霧に覆われて遠くの視界は無きに等しそう。そして当然のことながら車は止まっていませんね。

車の通った跡が残っているのは、一般車ではなく恐らく奈良公園事務所等の方のものだと思います。

というわけで次回へ続く。

※他の雪の日の記事は「」のタグからどうぞ。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪