霧に包まれた大仏池
写真1
[写真1]

11月下旬に濃霧になった朝がありまして、その時撮影した写真です。11月と12月初めあたりは、たまにこういうふうに濃霧になることがあります。

ご覧になって分かるように、大仏池畔の大イチョウはほぼ散っています。黄色く見えているのはその手前にある少し小さな木です。

大イチョウの根元
写真2
[写真2]

一面黄色の絨毯。

写真3
[写真3]

そしてこのアングルから見ると、やっぱり葉っぱはほぼ散っています。

写真4
[写真4]

写真5
[写真5]

アングルによってはまだちょっと葉っぱが残っているようにも見えますが、新鮮な落ち葉の絨毯が楽しめたのはこの日の内までという感じですね。

東大寺鏡池
写真6
[写真6]

一気に飛んで鏡池まで来ました。なかなか綺麗。

奈良公園東塔跡園地
写真7
[写真7]

東塔の基壇近くにある一番大きなイチョウの木は、この時発掘現場となっていて近寄ることは出来ませんでしたが、こちらはその西側にあるイチョウの木です。

こちらは絶賛見頃中。近くに鹿がいなかったが残念。

奈良公園春日野園地
写真8
[写真8]

イノシシの掘り返しがちょっと痛々しいですが・・・。鹿がチラホラ見えて、その奥には吉城川沿いのカエデの赤色が見えますね。

というわけで、今回はここまで。

※2016年の紅葉写真は「紅葉2016」のタグからどうぞ。
※2015年の紅葉写真は「紅葉2015」のタグからどうぞ。
※2014年の紅葉写真は「紅葉2014」のタグからどうぞ。
※2013年の紅葉写真は「紅葉2013」のタグからどうぞ。
※2012年の紅葉写真は「紅葉2012」のタグからどうぞ。
※2011年の紅葉写真は「紅葉2011」のタグからどうぞ。
※2010年の紅葉写真は「紅葉2010」のタグからどうぞ。
※全部の紅葉写真は「紅葉」のタグからどうぞ。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪