写真1
[写真1]

今年の夏の事ですが、このように側溝に入って草むしりをしている鹿ちゃんを見かけました。

な~に食べてるんだろうとしばし観察していたんですが・・・

あ~~~
写真2
[写真2]

んっ♪
写真3
[写真3]

なんとドクダミをムシャムシャと美味しそうに頬張っているんですよね。辺りにドクダミのあの独特の匂いがまき散らされていて(笑)、ちょっとビックリしました。

ドクダミといえば薬草ですが、それを分かって体に良いと思って食べているんですかね。

体に良いといえば、過去記事で「鹿スナップ集 vol.105 炭を食べる鹿」というのを書いたことがあります。鹿などの野生動物は、それ自体に特に栄養があるわけでは無い炭などを食べる場合があり、自分の体にとってどういう良い影響をもたらすかを分かったうえで摂取している、というお話でした。

そういう事があるので、薬草を薬草と分かって食べているという可能性もありそうな気がします。

というわけで今回は、これまでに撮りためていた鹿がいろんなものを頬張っている写真を集めてみました。

黒い物体
写真4
[写真4]

これは春に奈良公園で転がっているサクランボです。

鹿が食べるのかどうか興味があったので、いくつか拾い集めて鹿の前に置いてみると・・・

ムシャムシャ
写真5
[写真5]

と食いついてきました。どうやら食べるみたいです。

ちなみに桜の葉っぱや枝、花も食べます。過去記事だと「桜&鹿2016 vol.29 - SAKURA Eater -」。

梅の実
写真6
[写真6]

これも食べます。こちらは何度か記事にしていますが「梅と鹿 2014 vol.2 - Japanese Apricot Eater -」あたりを参照してください。

柿の実
写真7
[写真7]

落っこちてきた実をカラスと分け合いながら食べているという・・・(笑)

ちなみに柿の葉っぱも食べます(参照:紅葉と鹿2013 vol.16 紅葉は食欲を満たす)。

しかし・・・

柿の葉寿司のノボリは食べられまへん
写真19
[写真8]

そりゃそうだ。

松の葉っぱ
写真8
[写真9]

こちらは風などの影響か枝が折れて落ちてきたものを食べています。

枯葉
写真9
[写真10]

これは何の葉かは分からないのですが、折れた枝に付いた枯葉を一生懸命食べています。

冬場のエサの少ない時期によく見られる光景ですね。これに限らず松や杉なんかの枯葉が春日大社参道辺りには沢山落ちていますので、それを食べたりしています。

こういうのを見るとよっぽど腹減ってるんだな~とちょっと可愛そうになってきますが、これはどうしようもない事なので、人間は鹿せんべい以外のものを与えてはいけません。

金属の鎖
写真10
[写真11]

これは食べられません(笑)

食べられませんが、これをしゃぶることで冬場に不足しがちな鉄分を補給しているとの説があります。

こちらはシリーズのタグ「鎖噛み鹿」があるのでご参考に。

針金・・・!?
写真11
[写真12]

これはちょっとビックリしたんですが、こんなものまで齧っているんですよね。鎖を噛むのと同じ理由でしょうか。

ちなみに「フェンス噛み鹿 鹿スナップ」なんてのもありました。

シダ
写真12
[写真13]

シダは本来、鹿の不嗜好物なのですが、奈良公園一帯では鹿の食糧が不足しがちですので、贅沢は言ってられないということか、食べる様子を時々目にします。毒があるといわれるアシビも食べる場合があるようです。

鹿の不嗜好物といえばナンキンハゼも有名ですが、こちらも食べる場合があります(鹿スナップ集 vol.92 ナンキンハゼを食べる鹿)。


写真13
[写真14]

こちらは何度か記事で取り上げていますね~(藤&鹿2015 vol.2 - Wisteria Eater -)。花もツルも葉っぱも種も食べます。

ホテイアオイ
写真14
[写真15]

ホテイアオイの浮かぶ池に入って顔を突っ込んでいるから、最初、水を飲んでいるだけなのかなと思っていたのですが・・・

写真15
[写真16]

花をむしっていました(笑)

それも葉っぱなどには目もくれず花だけを食べるんですよね。蜜かなんかでもあるんでしょうか。

猫じゃらしも・・・?
写真16
[写真17]

猫じゃらしがたくさん植わっている所に顔を突っ込んでいたので、これも食べるのかなと思いながら観察していたんですが・・・

写真17
[写真18]

少なくとも先っぽの種があるところは食べていませんでした。見たところ別の草がお目当てだったようで。

しだれ柳
写真18
[写真19]

これも食べるみたいですね~。

というわけで、今回は以上です。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪