オス鹿くんの角がほぼ完成状態
写真1
[写真1]

角袋が剥がれてきて、白い角があらわになってきています。これでほぼ完成の状態です。8月下旬の撮影。

鹿スナップ集 vol.191 夏の角」に載せた状態と全然違いますので見比べてみてください。

写真2
[写真2]

この段階ではまだ発情期に入って気が荒くなったまではいえない状態でしたが、うっかりこの角で体を突っつかれたら痛いじゃ済まない事になるかも知れないので(笑)、近づくのは慎重にしないといけません。

角切り後
写真3
[写真3]

写真1、2と同日の撮影。

吉城川の橋の上にいたオス鹿くん。人通りの多いところをうろつくオス鹿くんは、早め早めに角を切り落としておくみたいですね。

写真4
[写真4]

切り口はこんな感じ。

写真5
[写真5]

こちらも完成状態のオス鹿くん。

写真6
[写真6]

写真1のオス鹿くんと角を見比べてもらいたいんですが、こちらの方が角と角の間が狭くなっていますね。このように個体によって角の幅が違ったりするなど、個性があります。

写真7
[写真7]

こちらのオス鹿くんも少し幅が広め。

写真8
[写真8]

先ほどの幅が狭いオス鹿くん。角が完成する時期になるとセクシーに見えるんでしょうか。心なしかうっとりした目でオス鹿くんに寄ってきました。

オス鹿の角のサイクルがどうなっているかは下記の過去記事でどうぞ。

奈良公園の雄鹿の角のサイクル
http://naraphoto.blog.jp/archives/2302365.html

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪