東大寺鐘楼(奈良太郎)
写真1
[写真1]

上に鹿がいる・・・。

ちなみに奥に見えている建物は大仏殿。

写真2
[写真2]

この周りに鹿がいることは珍しくないのですが、この上に乗っかっているのは初めて見ました。

個人的にはそれほどしょっちゅう通る場所ではないからこれまで遭遇しなかっただけで、ひょっとしたら時々見られる光景なのかも知れません。

写真3
[写真3]

写真4
[写真4]

雰囲気からしてこちらが母鹿。

写真5
[写真5]

こちらはその子供という印象です。

写真6
[写真6]

一頭だけ座っているかと思いきや・・・

写真7
[写真7]

こっちに座っていたりする(笑)

常にベッタリとまではいえないけれど、でも行動は共にしているという感じ。

写真8
[写真8]

時々通る車はそれほど気にしていないようなんですが、人が通ると少し警戒します。

特に犬を連れている人が通った場合は気が気じゃないみたい。

写真9
[写真9]

落ち着いているところ。

写真10
[写真10]

写真11
[写真11]

それにしても国宝の鐘と鹿の組み合わせって奈良以外じゃ考えられない組み合わせですよね。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪