なら燈花会・興福寺会場
写真1
[写真1]

写真2
[写真2]

この数年は文字が書いてあったと思うんですが、今年はありませんでした(この日たまたまだったのかも)。

写真3
[写真3]

五重塔の左の建物は東金堂。

浮雲園地
写真4
[写真4]

浮雲園地の灯りは天の川をイメージしてカップを配置してあるとのこと。

そして赤いマークが見えるとちょっと目立ちますね。

写真5
[写真5]

写真6
[写真6]

穴の開いたカップを発見
写真7
[写真7]

丁度ろうそくの炎が見えていました。

この穴はたぶん意図的に開けたものじゃないと思います。

写真8
[写真8]

これを見てアロマキャンドルみたいに透かし模様みたいなのが入ってても面白いかも・・・と思ったけど、それはそれで違うイベントになっちゃいそうですね。

浮雲園地
写真9
[写真9]

写真10
[写真10]

別の日。

去年の記事(なら燈花会2015 vol.4 奈良公園(浮雲園地)、国立博物館)で、この文字のすぐ後ろにカップを並べると文字や絵柄が判別しづらくなるからやめた方が良いんじゃないかと指摘したんですが、今年は見やすくなってました(別に私の記事を読んで修正したわけじゃないんでしょうが)。

但しこの写真は手を目いっぱい伸ばして撮ったものでして・・・

写真11
[写真11]

アイレベルで撮るとこんな感じ。

背の低い人が撮る場合、上の方に背景のカップの灯りが少し重なって気になるかも知れません。でも去年までよりだいぶ見やすいです。GJ。

せんとくん
写真12
[写真12]

せんとくん2
写真13
[写真13]

今年も見つけました。ちょっと得した気分。

※2016年の燈花会の記事は「なら燈花会2016」のタグからどうぞ。
※2015年の燈花会の記事は「なら燈花会2015」のタグからどうぞ。
※2014年の燈花会の記事は「なら燈花会2014」のタグからどうぞ。
※2013年の燈花会の記事は「なら燈花会2013」のタグからどうぞ。
※2012年の燈花会の記事は「なら燈花会2012」のタグからどうぞ。
※2011年の燈花会の記事は「なら燈花会2011」のタグからどうぞ。
※2010年の燈花会の記事は「なら燈花会2010」のタグからどうぞ。
※燈花会関連の全ての記事は「なら燈花会」のタグからどうぞ。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪