奈良公園鷺池・浮見堂
写真1
[写真1]

今回は浮見堂をいろんな角度から撮ってみました。

こちらは西側から。三脚は使えないので、池の周りに備え付けられているフットライト(?)の上に載せての撮影。

芝生が明るく写っているのはそのライトの影響で、フラッシュ等を使ったわけではありません。

写真2
[写真2]

こちらもほぼ西側から。畔の大きな石に置いての撮影。

写真3
[写真3]

東側の橋のたもとから。ピンク色の花は百日紅。

写真4
[写真4]

同じく橋のたもと。

写真5
[写真5]

橋の欄干から。一旦橋に入ると一方通行ですのでご注意を。

写真6
[写真6]

橋の真ん中、浮見堂の東側からの手持ち撮影。

今回は初日という事もあってかそれほどの人出ではなく、割とスムーズに人が流れていたからだと思うんですが、ある程度立ち止まっての撮影はOKでした。混雑している日は急かされたり禁止されたりするかも。

写真7
[写真7]

北側から。

この近くに浮見堂を照らす強烈なライトがあるので、この反対側(南側)から撮る場合はその辺を頭に入れないといけないんですよね。

今回は南側から撮るのを忘れてしまいました・・・。

参考までに昨年の記事「なら燈花会2015 vol.1 奈良公園、国立博物館」では写真12~14に南側から撮った写真を載せていますが、写真12にそのライトの影響が特に出ています。

猿沢池畔から
写真8
[写真8]

薄明の空と共に撮りたいなら別ですが、こちらは少し遅い時間帯の方が空いていて良い感じです。

※2016年の燈花会の記事は「なら燈花会2016」のタグからどうぞ。
※2015年の燈花会の記事は「なら燈花会2015」のタグからどうぞ。
※2014年の燈花会の記事は「なら燈花会2014」のタグからどうぞ。
※2013年の燈花会の記事は「なら燈花会2013」のタグからどうぞ。
※2012年の燈花会の記事は「なら燈花会2012」のタグからどうぞ。

※2011年の燈花会の記事は「なら燈花会2011」のタグからどうぞ。
※2010年の燈花会の記事は「なら燈花会2010」のタグからどうぞ。
※燈花会関連の全ての記事は「なら燈花会」のタグからどうぞ。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪