東塔跡園地
写真1
[写真1]

さて、前回(東大寺二月堂の夕景スナップ vol.9 夕立からの夕景(前編))のラストで雨が小降りになり、二月堂を出てちょっと降りてきました。

東塔跡園地では鹿たちがこんなに沢山集まっていました。たぶんこの辺の林で雨をやり過ごしていたものと思われます。

夕立というと1時間かそこら降り続くことが多いですが、こういう場合、鹿たちは森や林に入って木陰などで雨宿りするんですよね(参照:雨の日の奈良公園の鹿 vol.2 土砂降りは苦手)。

で、そういう雨宿りスポットにはたくさんの鹿が集まってくるので、雨の上がった頃にこのような集団になって森や林から出てくるという事が多い。

東大寺講堂跡
写真2
[写真2]

こちらも林の中からゾロゾロと鹿たちが出てきたところに遭遇しました。

先日の記事に載せたように凄い土砂降りでしたし、雷もかなりの回数ゴロゴロと鳴っていたので、さすがの鹿たちもまだ少し神経質になっています。

なので、こういう時はちょっとはなれた所から見守ってあげるのが一番。

さてところで、この頃から西の空にちょっとした異変が出て来ていました。夕焼けで赤く染まり始めていたのです。

そこで裏参道から二月堂へと引き返すことに。

裏参道脇の子鹿ちゃん
写真3
[写真3]

なんとこんなところに子鹿ちゃんが1頭で座っていました。強烈な夕立の間もここで過ごしていたんでしょうか。それとも別の所で過ごしていて、止んでからここに来たのかな。

写真4
[写真4]

心細くないのかな~と心配になったものの、今は二月堂へと急ぎます。

二月堂からの夕景
写真5
[写真5]

雨が小降りになって(「東大寺二月堂の夕景スナップ vol.9 夕立からの夕景(前編)」の最後の写真)から40分ぐらい後の風景。

写真6
[写真6]

写真7
[写真7]

写真8
[写真8]

オレンジ色の光が二月堂を包み込みます。

写真9
[写真9]

雨が降っていた時には沢山の参拝客・観光客がいたお堂周辺ですが、この時は東大寺関係者を除けば私一人しかいませんでした。

この風景を独り占め!

写真10
[写真10]

写真11
[写真11]

写真12
[写真12]

写真13
[写真13]

写真14
[写真14]

二月堂に戻ってから10分余り。徐々に光が弱くなり・・・

写真15
[写真15]

夜のとばりが降りようとしていました。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪