春日大社境内の野生の藤
写真1
[写真1]

桜シリーズの影響でかなり時期がずれてしまいましたが、今年の藤の写真も少し載せておきたいと思います。

今年の春日大社の砂ずりの藤等は「春日大社の藤2016 砂ずりの藤、白藤、神苑(万葉植物園)」でアップ済みです。

さて、春日大社の境内には、有名な砂ずりの藤以外にも多数の藤が自生しておりまして、見事な花をつける年もあれば全然ダメな年もあります。今年は残念ながらハズレ年だったようです(もちろん全部の野生の藤がダメだったという訳ではありませんが)。

この1枚目の写真の藤も花こそついてはいましたが、もひとつ元気がありませんでした。

写真2
[写真2]

こちらは鹿苑の隣の藤。

写真3
[写真3]

丸池の藤。GW前の撮影なので花のピーク前というのもあるのですが、それにしてもボリュームがちょっとどころかだいぶ物足りない。

写真4
[写真4]

角度によってはまあまあいい感じにはなるんですけどね。

当たり年は↓のような感じです。

藤&鹿2013 vol.5 夕日を浴びて
http://naraphoto.blog.jp/archives/2302976.html
藤&鹿2013 vol.6
http://naraphoto.blog.jp/archives/2302975.html

藤とヒヨドリ
写真5
[写真5]

藤と羽ばたくシジュウカラ
写真6
[写真6]

アカハラ
写真7
[写真7]

地面には散った藤の花びらが。

シロハラ
写真8
[写真8]

おまけでアカハラがいたのとほとんど同じエリアにいたシロハラ。

アカハラとシロハラは冬鳥なので、GW後には奈良公園では見かけなくなりました。

※藤の写真は「」のタグからどうぞ。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪