橋を渡ろうとしている鹿ちゃん
写真1
[写真1]

前回の記事(桜&鹿2016 vol.9 鷺池工事中でもフリーダム)に載せた写真を撮っているころ、もう一つの出来事が橋の上でありまして、1頭の鹿がこのように橋を渡ろうとしていました。

それがどないしてん・・・と思うかもしれませんが、ここの橋を鹿が自主的に渡る(鹿せんべいを持っている人を追いかけていて橋を渡る以外のケース)のって、あまり目にしない光景なんです。

あまり渡らない理由はよく分からないんですが、板張りなので歩きにくいんですかね。その割には先日の記事にあったとおり、板よりも固いアスファルトの道を平然と横断したりする(鹿スナップ集 vol.162 草刈りボランティア)んですが。

う~ん・・・不思議です。

写真2
[写真2]

そんなこんなでトボトボと橋を渡り始めた鹿ちゃん。

あ、ちなみに今回の写真にはすべて桜が写っているのでノルマは完全に達成です(謎)

写真3
[写真3]

橋の下にいる仲間(参照:桜&鹿2016 vol.9 鷺池工事中でもフリーダム)が気になるらしい。暫く立ち止まって覗いていました。

写真4
[写真4]

毛づくろいしつつ後方確認(口から白いものが垂れ下がっていますが、毛づくろいした時に抜けた自分の毛です)。

写真5
[写真5]

またトボトボと歩き出す。

写真6
[写真6]

そしてまた止まる。

写真7
[写真7]

再び後方確認。

写真8
[写真8]

横も確認。

写真9
[写真9]

三度トボトボと歩き出す。

!?
写真10
[写真10]

橋の反対側から人がやってきた(荷物を持った右手が写っています)のを見て立ち止まる鹿ちゃん。

写真11
[写真11]

何故か一目散に逃げだして戻ってきた。

はぁ~ 怖かったあ~~~
写真12
[写真12]

と言ったとか言わなかったとか。

どうも1頭だけで渡り切ろうと思ったら、結構な勇気と根性がいるみたいですね(笑)

ちなみに過去記事でこの橋の上にいる鹿ちゃん写真を載せたのは「奈良公園界隈の夕景 vol.6」の7番目の写真ぐらいですかね。

※2016年の桜写真は「桜2016」のタグからどうぞ。
※2015年の桜写真は「桜2015」のタグからどうぞ。
※2014年の桜写真は「桜2014」のタグからどうぞ。
※2013年の桜写真は「桜2013」のタグからどうぞ。
※2012年の桜写真は「桜2012」のタグからどうぞ。
※2011年の桜写真は「桜2011」のタグからどうぞ。
※2010年の桜写真は「桜2010」のタグからどうぞ。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪