写真1
[写真1]

今回は夜の鹿写真を集めてみました。ちょっとだけだけど。

こちらはカエデの落葉が散らばった芝生の上で休む親子鹿。宵の時間帯なのですが、この時期、この親子鹿はいつもこの時間帯にこの辺りにいるようでした。

写真2
[写真2]

こちらはイチョウの落ち葉の絨毯の上にいる鹿ちゃん。

水銀灯が近くにあるので結構明るく、低速シャッターで撮っています。この時期よく見るイチョウの落葉の絨毯ですが、こうして見るとまた雰囲気が違いますね。

写真3
[写真3]

こちらは日の出間近の時間帯、吉城川のカエデの紅葉をバックに撮影。

超高感度と長秒露光での撮影ですので、実際よりもだいぶ明るく写っています。

昼間、東大寺南大門付近で鹿せんべい争奪戦を繰り広げた鹿たちは、日没とともに近くの森へと帰っていくのが殆どなのですが、夜もこうしてこの近くで過ごす場合もあるようですね。

ところで、「奈良公園の鹿は夜になると若草山へ帰る」などと説明している人がたまにいます。昼間を若草山の麓の辺りで過ごしている一部の鹿たちは、確かに山の方へと帰りますが、その他(例えば東大寺南大門や興福寺などの境内、国立博物館の敷地など)で過ごしている鹿たちは、夜を過ごすためにわざわざ若草山には行きません。

夜の鹿たちは昼間ほどは活動的ではなく、木陰や物陰でじっと休んでいる場合が多いみたいです。もっとも、この撮影は12月上旬ですから、夏の日の明け方だとまた様子が異なるかもしれません。

写真4
[写真4]

こちらは紅葉は関係ないのでオマケ扱いで。

写真3と同じ日の撮影。薄暗いところで、こうして単独で休んでいることも。

この写真も超高感度&長秒露光なので、実際よりは明るめに写っています。

※2015年の紅葉写真は「紅葉2015」のタグからどうぞ。
※2014年の紅葉写真は「紅葉2014」のタグからどうぞ。
※2013年の紅葉写真は「紅葉2013」のタグからどうぞ。
※2012年の紅葉写真は「紅葉2012」のタグからどうぞ。
※2011年の紅葉写真は「紅葉2011」のタグからどうぞ。
※2010年の紅葉写真は「紅葉2010」のタグからどうぞ。
※全部の紅葉写真は「紅葉」のタグからどうぞ。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪