写真1
[写真1]

前回(子鹿(バンビ)物語2015 vol.37 魅惑のおしり(おさわり厳禁))は座っている子鹿ちゃんのお尻の写真中心でしたが・・・

今回は鹿の子(かのこ)模様がメイン
写真2
[写真2]

念のため書いておくと、鹿の"子"とは書きますが、子鹿だけではなく成体にも鹿の子模様はあります。以前にも書いたと思いますが、聞いたところによると、人間の指紋と同じでこの模様は基本的に一生変わらないそうです。

ちなみに鹿の子模様がくっきりと見えるのは夏毛の間だけですが、個体によっては冬毛の時でもうっすら見えている場合もあります。

あと、鹿の子模様もおさわり厳禁ね!(笑)

座っている子鹿ちゃんの鹿の子模様
写真3
[写真3]

この子は生まれてからすでに数週間は経っているので、(光の加減等の関係もありますが)既に少しくすんだ感じにも見えますが・・・

生まれて数日内の子鹿ちゃん
写真4
[写真4]

確か鹿苑で今年最初の子鹿ちゃんだったと思うんですが、生まれてまだ数日だったので、このようにクッキリハッキリと模様が見えます。

立っているところを真上から
写真5
[写真5]

黄昏中の鹿の子模様
写真6
[写真6]

真夏の木陰の鹿の子模様
写真7
[写真7]

子鹿ちゃんが生まれるのは初夏から夏真っ盛りの頃が中心なので、こういう絵が一番似合うかな~と個人的には思います。

※2015年度の子鹿写真は「バンビ2015」のタグからどうぞ。
※2014年度の子鹿写真は「バンビ2014」のタグからどうぞ。
※2013年度の子鹿写真は「バンビ2013」のタグからどうぞ。
※2012年度の子鹿写真は「バンビ2012」のタグからどうぞ。
※2011年度の子鹿写真は「バンビ2011」のタグからどうぞ。
※2010年度の子鹿写真は「バンビ2010」のタグからどうぞ。
※全ての子鹿写真は「バンビ」のタグからどうぞ。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪