おしーり♪
写真1
[写真1]

さて、桜シリーズ、藤シリーズを終了させた流れで、2014年度版の子鹿物語シリーズも最後まで進めていきたいと思います。たぶん今週か来週早々にも終えて、2015年度版を本格始動できると思います(あくまで予定)。

ここから最終回までは特にテーマも無く、スナップを並べていくことになると思います。

真冬の夕暮れの親子鹿
写真2
[写真2]

生後半年以上も経つと、母鹿にベッタリくっ付いている子鹿ちゃんというのは少数派で、人にもある程度は慣れ、結構自由に動き回る子が大半です。

ですがこのように、割といつも一緒にいる親子もいますね。まあそれでも生後1年になる頃には親元を離れていきますが。

衣替え中の子鹿ちゃん
写真3
[写真3]

背中がボッサボサ。

秋生まれの子鹿ちゃん
写真4
[写真4]

こちらは何度か紹介した子鹿ちゃん。

秋生まれの子鹿ちゃん・その2
写真5
[写真5]

こちらも何度か紹介した子鹿ちゃん。

これらの撮影時期は1~3月ですが、この時期ぐらいになると「子鹿」とはいっても、通常は大人の鹿(「成猫」ならぬ「成鹿」という言い方はあるんだろうか)とそれほど変わらないパターンで動いていますし、写真を撮る側からすると、レンズを向ける頻度はグッと減るんですよね~(笑)

なので、こういう特徴のある子の写真がメインになってしまいます。

振り向き子鹿ちゃん
写真6
[写真6]

おねだりの視線
写真7
[写真7]

写真8
[写真8]

ぺろんっ♪
写真9
[写真9]

こちらは浮雲園地のあたりで良く見かけた秋生まれの子鹿ちゃん。

さすがに私も全範囲を見て回っている訳じゃないのですが、2014年度は少なくとも5、6頭ぐらいはこういう秋生まれの子鹿ちゃんが冬を越したのではないかと思います。

写真10
[写真10]

写真11
[写真11]

写真12
[写真12]

こちらは普通の子鹿ちゃん。なんか顔が整っていて可愛かったので撮った記憶があります。

鹿の顔なんてみんなおんなじに見える!という人も多いかと思いますが、やっぱり個性はあるんですよね。

※2014年度の子鹿写真は「バンビ2014」のタグからどうぞ。
※2013年度の子鹿写真は「バンビ2013」のタグからどうぞ。
※2012年度の子鹿写真は「バンビ2012」のタグからどうぞ。
※2011年度の子鹿写真は「バンビ2011」のタグからどうぞ。
※2010年度の子鹿写真は「バンビ2010」のタグからどうぞ。
※全ての子鹿写真は「バンビ」のタグからどうぞ。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪