6月末の子鹿ちゃん
写真1
[写真1]

生まれて間もない子鹿ちゃんです。

綺麗な鹿の子模様(白い斑点)で、夏の間に体が大きくなるにつれて徐々にくすんではきますが、親たちに比べるとよりクッキリハッキリとした模様が見られます。

これが夏毛の特徴。

2月の子鹿ちゃん
写真2
[写真2]

冬毛です。この子の場合は鹿の子模様は見えませんが、うす~く見えている子もいます。

夏毛に比べるとフカフカで、顔も丸っこく見えます。

通常の場合はこのように夏から冬へ衣替えします。

秋生まれの子鹿ちゃん
写真3
[写真3]

1月中旬の撮影。

夏毛の明るい色が残り、鹿の子模様も少し残っています。この子の場合は多少冬毛に衣替えできている部分があるようにも見えますが・・・

同じく秋生まれの子鹿ちゃん
写真4
[写真4]

同じく1月の撮影ですが、この子の場合はハッキリと鹿の子模様が残っています。写真3の子鹿ちゃんよりもさらに遅い時期に生まれたと思われます。

写真5
[写真5]

ほぼ夏毛のまま冬に突入しているんですが、それでも体が冬の寒さに適応しようとした結果なんでしょうか、写真1の最初の頃の綺麗な夏毛に比べれば幾分毛が伸びていて、顔や体が丸く見えますよね。

写真6
[写真6]

う~ん、可愛い・・・。

4月下旬の秋生まれの子鹿ちゃん
写真7
[写真7]

写真4~6と同一の子鹿ちゃんです。

衣替えが始まっていて、モコモコしていますね。

写真8
[写真8]

体はこんな感じ。

近づいてみた
写真9
[写真9]

モコモコになった去年の夏毛に隠れるようにして、より濃い色の新しい夏毛が所々見えているのが分かりますか?

6月の秋生まれの子鹿ちゃん
写真10
[写真10]

顔はだいぶシュッとしてきました。

写真11
[写真11]

写真10から約1週間後。体のモコモコ状態がちょっと解消されつつある模様。

7月
写真12
[写真12]

ちゃんと夏毛に衣替えを澄ましていました(たぶん同一の子だと思うけど、あまり自信は無い・・・(笑))。

この子の場合は恐らく昨年の10月か11月ぐらいに生まれたと思われるので、まだ1年経っていないんですよね。

なのでまだ「子鹿」と呼んでいいと思うんですが、既に今年生まれの子鹿ちゃんが沢山いるので、若干抵抗があります。

日本の学校でいうところの「早生まれ」の子たちみたいなポジションなのかも。

※2014年度の子鹿写真は「バンビ2014」のタグからどうぞ。
※2013年度の子鹿写真は「バンビ2013」のタグからどうぞ。
※2012年度の子鹿写真は「バンビ2012」のタグからどうぞ。
※2011年度の子鹿写真は「バンビ2011」のタグからどうぞ。
※2010年度の子鹿写真は「バンビ2010」のタグからどうぞ。
※全ての子鹿写真は「バンビ」のタグからどうぞ。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪