鹿の毛を抜くカラス
写真1
[写真1]

春になると奈良公園界隈で見られる光景で、過去にもこういう鹿とカラスの不思議な関係を記事にしてきました。

鹿の衣替え vol.2 鹿とカラスの不思議な関係 
http://naraphoto.blog.jp/archives/2302131.html
鹿とカラスの不思議な関係・夏
http://naraphoto.blog.jp/archives/2302201.html
鹿とカラスの不思議な関係 vol.3
http://naraphoto.blog.jp/archives/2302614.html
鹿とカラスの不思議な関係 vol.4
http://naraphoto.blog.jp/archives/2303075.html

こうして抜き取った毛は、これから生まれてくるカラスの子供を育てる巣の材料となるそうです。

とにかくむしり取る
写真2
[写真2]

ブチブチ音を立てながら抜いていました。いつも思いますが鹿は痛くないのかな。

写真3
[写真3]

こんだけ咥えて、かつ咥えきれなくてムダになった毛が近くに散乱している状態なのに、まだまだ抜き取ります。

当の鹿はあまり気にしていない
写真4
[写真4]

写真5
[写真5]

満足したのか、この後カラスは毛を咥えたまま飛び去っていきました。

ひょっとしたら抜くのを楽しんでいるのかも知れない。

毛をむしり取られたお尻
写真6
[写真6]

抜けた毛がちょっと付いていますが、特に変わった感じはしないですね。

丁度冬毛から夏毛へと生え変わるタイミングなので、いつも書いているように、抜いてもらった方が都合がいいという事なんでしょうが。

放置されたムダ毛
写真7
[写真7]

いや、なんか意味が違うか(笑)

(2016/11/20追記) 鹿の衣替えの1年間のサイクルについては「鹿の衣替え vol.7 1年のサイクル」にまとめたのでご参考に。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪