平城宮跡朱雀門と火星、金星、二日月
写真1
[写真1]

2015年2月20日に撮影。

一番上が火星、そのすぐ下の明るいのが金星、そして二日月(月齢1.42)です。それから月のすぐ下が生駒山。

昨日記事にした今年2回目のカノープス撮影(平城宮跡から星を見る vol.8 カノープスを見る2015(その2))をしたのと同じ日の撮影なのですが、この時間帯(19時前)はまだ雲が多かったです。

この手の撮影であれば、上手いこと雲が流れてくれれば、それはそれで良い絵になるので個人的には嫌ではないです。

朱雀門と月
写真2
[写真2]
(画像をクリックで拡大)

撮影時は生駒山の鉄塔群のことをすっかり忘れていて、帰宅後、パソコンで画像をチェックしているときに気が付いたんですが、奈良公園で撮影するときよりも鉄塔がとても大きく写るんですよね。もちろん奈良公園より数キロ近くで撮影しているわけだから当然なわけですが、もう少しこれを意識した作画をすれば良かったと思いました。

写真3
[写真3]
(画像をクリックで拡大)

生駒山の稜線あたりに雲が現れて、月はそこへ消えていきました。

※他の天体写真は「天体写真」タグからどうぞ。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪