カノープスの光跡と平城宮跡朱雀門
写真1
[写真1]
(画像をクリックで拡大)

8秒×336枚(合計44分48秒)の比較明合成。2015/02/20 の撮影。

300mm相当の画角(フルサイズ換算。以下同じ)で撮影し、右上に飛行機の光跡が入ってしまったので、上をトリミングしてアスペクト比を 4:3 から 3:2 にしています。

というわけで、朱雀門の上にカノープスの光跡をかぶせるこの画像を、ようやく得ることが出来ました。一昨年からカノープス撮影を始めて3シーズン目、今回で平城宮跡では5回目の撮影でした。

南中時刻のカノープスと朱雀門
写真2
[写真2]
(画像をクリックで拡大)

「南中時刻」と言い切っちゃいましたが、この撮影時刻は 20時21分22秒。実はこの日の南中時刻は 20時20分48秒頃(Stellarium によるシミュレーション)であり、ズレは34秒。これをどうとらえるか。特に根拠は無いですが、私は誤差(南中時刻の正確性と、カメラを据えた位置の正確性に起因する誤差)の範囲内だと思います。まあそういうことにしておきましょう(笑)

星座線入り
写真3
[写真3]
(画像をクリックで拡大)

今回も念のための検証画像です。

写真4
[写真4]
(画像をクリックで拡大)

Stellarium による写真3と同時刻のシミュレーション。

朱雀門、カノープス、シリウス、オリオン座
写真5
[写真5]

8秒×118枚(合計15分44秒)の比較明合成。28mm相当の画角。

おまけで撮影してみました。色が少し変になったので、後日修正できた場合は差し替えるかも。

説明入り
写真6
[写真6]

というわけで、今回の撮影で所期の目的を達することが出来たと思います。平城宮跡でのカノープス撮影は一区切りということにしたいと思います。

まあまた気まぐれで来シーズンも撮影しているかも知れないですけどね。もしくは機材をアップグレード出来たらもう一度チャレンジするかも。

※他の天体写真は「天体写真」タグからどうぞ。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪