山焼き前の若草山(一重目)
写真1
[写真1]

それでは今年も山焼きの前後を写真で比較してみましょう。

といっても、今年は山焼き前に計画的に写真を撮ってなかったので、あまりいい比較にはなっていないかも・・・。

さて、一枚目の写真は春日野園地からの撮影です。

山焼き翌日の若草山(一重目)
写真2
[写真2]

真っ黒焦げになっているのが分かりますね~。

若干ムラがあるようにも見えますが、おおむね良く焼けているようです。

若草山麓
写真3
[写真3]

山焼き当日の昼すぎに撮影したものです。

フェンスの先、草が生い茂っているように見えるエリアがありますが、あそこが山焼きの対象になります。

山焼き後の若草山麓
写真4
[写真4]

見事なツートンカラー。

麓入山ゲート付近
写真5
[写真5]

ここに写っている鹿たちは、夕方になると山の方へ帰っていくグループだと思うんですが、山焼き当日の夜はどこで過ごしたんでしょうね。

若草山山頂から二重目入山ゲート方面
写真6
[写真6]

毎年このゲートの下(写真左下に写っている斜面)の辺り一面黒焦げなのですが・・・

山焼き後
写真7
[写真7]

今年もおおむね焼けたようです。左側の部分が焼けていないのも例年通り。

異なっているのは手前の部分です。ここは三重目(山頂)の西側斜面で、例年は要所要所が焼かれているのですが、今年は全くといっていいほど焼けていませんでした。

二重目の南側方面
写真8
[写真8]

木の生えている辺りは例年火をつけないようですが、その左側(南)は火をつけます。

山焼き後
写真9
[写真9]

で、その部分を望遠レンズで撮ってみると、昨年ほどではないものの、こちらはそれなりに焼けている感じですね。

山焼き後の二重目
写真10
[写真10]

所々焼けている。

二重目入山ゲート付近から三重目の西側斜面
写真11
[写真11]

ゲートの方まで降りてきました。

三重目と二重目の谷のあたりはそれなりに焼けたようですが、やはり三重目の上の方は全然焼けていません。

山焼きの2日前に降った雨の影響もあったようで、全体的にいうと、下の方(一重目)はまずまず焼けたけれども上の方(特に三重目)はあまり焼けなかったという印象でしょうか。ひょっとしたら山頂付近は後日焼き直しがあるかもしれないですね。

というわけで、麓や山頂から見たビフォア・アフターはここまで。

以下はおまけのスナップ。

春日山遊歩道から若草山南側登山道
写真12
[写真12]

タイトル通り、春日山遊歩道から若草山の南側登山道近辺を見られる場所があるので、今年もそこから撮ってみました(トリミングしています)。

階段周辺はチョロチョロ焼けているようですが、たぶん毎年こんなもんだと思います。ただフェンスの奥はそんなに焼けている感じじゃないですね。

花火の残骸
写真13
[写真13]

これは山頂駐車場で撮ったものですが、今年も山頂のいたるところで見かけました(「若草山焼き2014 ビフォア・アフター」の写真12以降参照)。

聞いたところによると花火の残骸で間違いないそうです。

立ち入り禁止の看板
写真14
[写真14]

これは山頂駐車場の近く、「出会いの三叉路」で山焼き翌日に撮ったものですが、山焼き当日は14時から春日山遊歩道への立ち入りも禁止されるんですね。

二重目に停まっていたトラック
写真15
[写真15]

山焼きの翌日、山頂から撮影。背後は興福寺です。

山焼きや花火の作業をするために乗り入れたトラックでしょうか。普段は車が入る場所じゃないだけに、ちょっと不思議な絵に見えますね。

今年も黒焦げやな・・・
写真16
[写真16]

と、鹿ちゃんも思っているのかいないのか・・・(笑)

今回は以上で終了。

山焼き関連の記事はもうちょっと続く・・・かも知れません。

※他の若草山焼きの記事は「若草山焼き」のタグからどうぞ。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪