浮見堂と秋の四辺形
写真1
[写真1]

過去に浮見堂とは春の大三角、夏の大三角、冬の大三角と撮影してきましたので、この秋の四辺形で春夏秋冬コンプリートしたことになります! といっても、秋だけ「大三角」じゃないんですよね(笑)

過去記事は下記から。

奈良公園で星見 vol.23 浮見堂と春の大三角・春のダイヤモンド、火星
http://naraphoto.blog.jp/archives/1001225009.html
奈良公園で星見 vol.14 七夕の夏の大三角
http://naraphoto.blog.jp/archives/2303042.html
奈良公園で星見 vol.20 浮見堂とオリオン座、冬の大三角、木星
http://naraphoto.blog.jp/archives/2990312.html

ちなみにですが、前回の「奈良公園で星見 vol.27 浮見堂と星々」は、今回の記事用の写真を撮るついでに撮ったものです。

星座線入り
写真2
[写真2]

ペガスス座のシェアト、マルカブ、アルゲニブ、アンドロメダ座のアルフェラッツの4つの星からなる四角形を「秋の四辺形」と呼びます。「秋の大四辺形」と呼ぶことも。

また3つの星がペガスス座を構成し、更にアルフェラッツもかつてはペガスス座とされていた(アンドロメダ座と両方に属していた)そうで、そのため「ペガススの(大)四辺形」という呼び名もあります。

一目でわかる夏の大三角や冬の大三角とは違って、秋の四辺形はすべて2等星で構成されているのでわかり辛いかと思いきや、奈良公園でも街灯の影響の無いところで東の空にある秋の四辺形を見上げると、割と簡単に見つかります。

但し撮影するとなると、ライブビューでの確認が難しくて、他の大三角と比べると少し構図決定に手こずりました。

写真3
[写真3]

8秒×117枚(合計15分36秒)の比較明合成。

写真1よりも画角は広くしています。ホワイトバランスも少し違います。

また、JPEG だと星の色がほとんど消えてしまうので、この画像ファイルは PNG にしました。

というわけで春夏秋冬の大三角と四辺形のコンプリートを果たしたわけですが、今後はもう少し写真の質を上げられるようにやっていこうかな~と思っています。気が向けば、ですが(笑)

※他の天体写真は「天体写真」タグからどうぞ。

※ 当ブログ内の画像・その他記事内容の無断転載を禁止します ※
(二次利用については「「NARA-Photo」について」へ)

★応援クリックお願いします♪